私は現在格安SIMにて携帯電話(スマホ)を利用しています。

格安SIMにする前は、auにてiPhone5を使っていました。その前はdocomoのxperia、さらにその前は中国で購入したNOKIAのストレート端末、SoftbankのiPhone3GS、EMOBILE(現Y!mobile)、各種ガラケーやらピッチやら、色々使ってきましたがそれはまあいいとして、特に近年スマホを使うようになってからは毎月携帯代の高さに辟易していました。

この携帯代(携帯やスマホを使用するのにかかるお金)は、使い方やプランによっても変わりますが、私の場合は本体分割購入の分もあって、大体1万前後でした。

そうしているうちにiPhone6・6Sが発売されましたが、デザインが気に入らなかったのと値段があまりにも高いと感じたので、乗り換えは見合わせました。

たかがスマホに10万って・・・。と思わずにはいられません。

もちろん、スマホに10万出すのが苦にならない人もいるでしょうし、特にiPhoneは端末もOSも非常に洗練されていて持っているだけで所有欲を満たしてくれる(少なくとも私はそう思っています)製品であると言えますし、日本では圧倒的なシェアを誇っている事からも、スマホと言えばiPhoneという感は否めません。

実際、手に取ってみると、直線と曲線が織りなす絶妙なバランスの金属パーツとガラスパネルで構成されたボティが放つ重量感は、中にメカがみっちりと詰まってるであろうことを彷彿とさせます。

そんなiPhone愛がある私ですが、本体10万とか毎月1万とか考えると萎えざるを得ません。むしろ怒りすら覚えます。

愛と憎しみは表裏一体とはよく言ったものです。

そういったわけで、残念ではありましたが、iPhoneとは決別しました。

現在はDMM mobileでzenfone5を利用しております。

通話SIMプランでデータ通信が2GBまで使えるタイプで月額1,470円(ちなみに1GBから20GBまで幅広く選択可です)。
これに通話料がプラスされます。通話料は20円/30秒となっていて、私の場合は大体、月に1,500円。

ですので、現在の携帯代は3,000円前後といったところです。

格安SIMを扱っているところはDMM mobileの他にもmineo UQモバイル等ありますが、利用状況に応じたプラン選択が可能で、取り扱い端末が豊富なDMM mobileを選びました。

私がスマホでやることと言えば、電話・ネット(chrome使用)・LINE・ナビ(googleマップ)・twitter・カメラといった感じです。

たまにWifiの使えない外で利用するときの通信速度に関してもそこまで気になりません。

通話品品質もまったく問題ないです。

ただ、通話料が30秒で20円なので、発信が多いという方にはあまりおすすめ出来ませんし、近くにキャリアのショップがあり困ったことがあったらすぐサポートを利用できるというわけではないので、格安SIMの利用を検討している人はその辺を踏まえたうえで判断してください。

また、契約時にはクレジットカードが必要になりますが、持っていない方でもデビットカードが使えますのでご安心ください。

※ただし全ての格安SIM業者・デビットカードが使えるわけではないので注意。

少なくとも私が使っているDMM mobileで楽天銀行デビットカードは使えます。

楽天銀行 口座開設